電器屋さんの裏口~デジカメレビュー~

店では教えられない、商品のイイとこワルイとこ。

スポンサーサイト

--/--/--(--) スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

店員さんのオススメって信じていいの?その3

2006/04/27(木) 電器屋さんのアレコレ トラックバック:0 コメント:0
kamemomini.gif


客商売の方はみんなそうでしょうが、世間の連休=私の連勤ということで、テンションあげていきましょうね!

店員さんのオススメって信じていいの?第3弾です!

さあて、店員の話をしたいとこですが、お店には店舗のスタッフ以外にいろんな人がいます。

良くも悪くもすごいのがメーカーさんと呼ばれる人たち。
ずばり、メーカーから販売促進のために来てくださっている人達のことです。

この『メーカーさん』何がすごいかと言うと、その説得力!
この方たちに接客されると、ほぼ確実にそのメーカーの商品がすばらしいような気がしてくる、というすごい人たちです。なんせそのために居るわけですから。

しかも、メーカーさんが“唾をつけた”お客さんには他の店員も別のメーカーを薦めにくい!なぜなら『メーカーさん』はタダで店舗に応援に来てくれている場合が多い。ありがたや~
つまり、この方たちは電器屋の大切なパートナーではありますが、正確に言えばお店の人間ではないわけです。

メーカーさんの自社商品に対する知識は相当なものです、思わず「へぇー」です。しかしこの知識は自社の研修で刷り込まれた知識が多くて、たまに不公平な時も。
ライバルメーカーの情報がちょっと古かったり。
間違ってないが比べる基準が自社に有利だったりします。
もちろん、勉強熱心な方は他社製品の知識も豊富で(勢いあまって他社製品を売ったり!)、店員以上の良い接客をされる方もいますが、基本は自社の製品を売ります。

まあ、結果的には買う人は満足して買っていかれるので考えようによっては良いのですが、他のメーカーが欲しくて買いに来たのに、特定のメーカーばかり薦める店員に捕まったらメーカーさんかもしれないと思って「ちょっと考えます」くらい言って、しばらくしてから別の店員に声をかけてみるのもいいと思います。

この『メーカーさん』を見分けるには

その店の制服を着ていない or 他の店員よりラフなカッコをしている。

この時点で
『メーカーさん』の可能性が=7割
店長クラスか制服を洗濯中の店員の可能性が=3割

店によってはお店の制服を着てる場合もありますから、その場合は名札をチェックです。
ほとんどの場合ちゃんとメーカー名が書かれてますよー。



人気blogランキングへ


a_02.gif


スポンサーサイト

店員さんのオススメって信じていいの?その2

2006/03/23(木) 電器屋さんのアレコレ トラックバック:0 コメント:0
前回の店員さんのオススメって信じていいの?では

“当店のオススメ”が本当にオススメな確立は7割程度、という話をしましたが。

では“売れてます”や“人気No'1”てのはどうなんでしょう。

コレは“売れてる”事実だけで製品の良し悪しとはほとんど関係がありません。

特に全店統一のセール品などで大量入荷してきた『お買い得品』をさばきたい時なんかは“売れてます”をつけますし。実際に安くて数が出るからウソをついてるわけじゃないですものね。

あんまり良い商品じゃないけど売れて欲しいときに『オススメ』と書くのはやっぱり気が引けますから、そんな時は“売れてます”べんり!

「みんなが持ってるなら良いものだ」という日本人的な発想を期待されてるので、まんまとはまらないように気をつけて


人気blogランキングへ


a_02.gif


店員さんのオススメって信じていいの?その1

2006/03/20(月) 電器屋さんのアレコレ トラックバック:0 コメント:0
kamemomini.gif


お店に行くと『当店のオススメNO,1』みたいな表示がありますよね。

あれってホントだと思います?

『当店のオススメ』が本当にオススメな確立は7割ってとこです。

この数字、意外と高いなって思いました?それとも低い?

「電気屋の店員なんて高いものを売りつけたいだけ、信じないぞー」って思ってる人にとっては意外と高い数字じゃないですか?

これは『当店のオススメ』に至る仕組みがわかるときっと納得するでしょう。

まず『オススメ』するのに一番の基準は“売って儲かる機種かどうか”です。
これだけ聞けば『オススメ商品』なんてお店のエゴみたいに聞こえますが、そこには下のようなプロセスがあるのです。

良い機種が出た→“売れる”と予想→大量発注・集中販売で仕入れコストを下げる→
→そのためにオススメの機種にする


つまり、オススメにする理由というのは、その機種をジャンジャン売ることでお店も儲かる、お客さんも安く買える、という仕入れの良循環ができるからです。

なので、同じくらい良い性能のカメラが2台あれば『オススメ』と書かれてる方を買ったほうが、お得な可能性が高い。

もちろん『オススメ』になってなくても素晴らしいカメラはたくさんありますが、集中販売の機種でないと値段がなかなか下げれないんです。

では、7割は良いなら残りの3割はというと。

さっきの図の最初の理由が変わってしまった場合です。

売れ“そう”な機種がでた→“売れる”と予想→大量発注・集中販売で仕入れコストを下げる→
→そのためにオススメの機種にする


こういう場合に、微妙な機種がオススメになってたりします。
ホントに良いカメラではないけど、アピールしやすい商品だとか、人気がなくてダブついた機種を安くで仕入れた場合なんかがあてはまります。

そういう訳で、『当店のオススメ!』の信頼度は7割ってとこでしょうか、お店の事情を上手く活用して安く買えるといいですね○


人気blogランキングへ


a_02.gif


| ホーム |

プロフィール

カメモ

Author:カメモ
お店では言えない本音で商品のイイとこ悪いところ書いてます。
機械が苦手な人や女性にも読んでもらいたいレビューです。
たまにデジカメ以外もあるかも。

カテゴリー

最近の記事

ブログランキング

↓気に入ってもらえたらプチっと押してください

人気blogランキングへ a_02.gif

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター



上海問屋の変なSDカード。変な割にはちゃっかり高速タイプ↓

得体は知れないですが、テレビ付きサンバイザーとか売ってます。謎の商品多し↓



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。