電器屋さんの裏口~デジカメレビュー~

店では教えられない、商品のイイとこワルイとこ。

スポンサーサイト

--/--/--(--) スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

画素数は高いほどいい?

2006/04/04(火) デジカメ トラックバック:0 コメント:0
今回はちょっと基本に帰って
『そもそもお店にあるスペック表の見方がわからない』
という方のために簡単に基本的な説明を。

デジカメを買いに来るお客さんをみていると
「画素数が高いほうがいいんでしょー」
ということだけはなんとなくわかっているみたい。

では、画素数とはなんなのか、本当に『画素数=キレイ』なのでしょうか。

デジカメはフィルムの代わりに、細かいセンサーの集合体を使って映像を読み取っているのですが、そのセンサーの一粒一粒を“画素”と呼んでいて、それぞれの“画素”が得た明るさや色の情報をあわせると一枚の絵になる仕組み。
ということは、画素数が高いと情報量が多くて写真の細かさはアップするわけです。

ところが、ここにもう一つの要素がかかわってきます。それはセンサー自体の大きさ(面積)です。

薄型のデジカメだと、レンズの性能やコストの都合で画素数が上がってもセンサーの大きさ自体はあまり大きくできないことがほとんど。
500万画素と600万画素のセンサーが同じ大きさだとしたら、500万で分けていた面積を600万に分けるわけですから、一個の画素自体の面積は600万で分けたときの方が狭くなりますよね。

ちょっと“画素”の気持ちになって考えてみると、
自分の土地は狭くなって、入ってくる光の量も減ったのに今までと同じ仕事をしようと思ったら、ちょっと無理して頑張らないといけない(感度を上げる)ので。
たまには疲れが出て、ピンクの光が入ってきたのに「ミドリ!」なんて報告してしまったりするわけです
(高感度式のてぶれ補正で画質が汚くなるのも同じような理由で、写せないくらい暗いのに無理やり目をこらして報告しろって言われた“画素”さんが、時々ウソの色を言っちゃったりするので汚くなると・・・。)

ということは、センサーのサイズと性能が一緒なら画素数は少ないほうが綺麗な画質になる!
あれ?さっきと言ってる事が逆に聞こえます。

つまりこうです↓

画素数UP→⇒↑写真がきめ細かくなる but ↓画質は汚くなる

もちろん、センサーの性能は日進月歩ですから、メーカーさんも画素数を上げても画質が落ちない程度には頑張っていますが。自分にとって必要な画素数(例えば、L版プリントがほとんどなら500万画素程度)があれば、無理して画素数が上がっただけの新商品を買う必要はないということですね。

たまに、大きいセンサーを使った機種があって、そういった機種はやはり画質が良いことが多いのでセンサーのサイズは是非チェックしてみてください。

お店の性能表に ちっちゃく『CCDサイズ』という項目があるのでココをチェックです。
今まで紹介した中では、IXY700フジF11が大型センサーを使っています。

ちなみにセンサーの大きさは分数で表されていますから
1/2.5インチ と 1/1.8インチ だったら 1/1.8インチの方が大きいセンサーということなので気をつけてくださいね○



人気blogランキングへ


a_02.gif


スポンサーサイト

コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dendendon.blog54.fc2.com/tb.php/26-b9c239a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| ホーム |

プロフィール

カメモ

Author:カメモ
お店では言えない本音で商品のイイとこ悪いところ書いてます。
機械が苦手な人や女性にも読んでもらいたいレビューです。
たまにデジカメ以外もあるかも。

カテゴリー

最近の記事

ブログランキング

↓気に入ってもらえたらプチっと押してください

人気blogランキングへ a_02.gif

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター



上海問屋の変なSDカード。変な割にはちゃっかり高速タイプ↓

得体は知れないですが、テレビ付きサンバイザーとか売ってます。謎の商品多し↓



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。