電器屋さんの裏口~デジカメレビュー~

店では教えられない、商品のイイとこワルイとこ。

スポンサーサイト

--/--/--(--) スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっと IXY800is 本編

2006/04/24(月) デジカメ トラックバック:0 コメント:0
kamemomini.gif



待ちに待ったIXY800がやっと登場しました
このカメラをどれだけ首を長くして待っていたか!

今まで、CANONのカメラは本当にクオリティが高い、とわかってはいても、どうしても玄人向けのカメラづくりが仇になって、初心者や女性にはなかなか薦められない部分がありました。
正直、canonのメーカーの人が感じのいい人なだけに、私の中でCANONを売る確率が1割にも満たないのが申し訳なくて。

てぶれ補正さえ付けてくれたらな~!
バッテリーがもうちょっ~っと持ってくれたらな~!

と、万人にオススメできるカメラをどれほど待ち望んだことでしょう。

やっと、しかも入学シーズンが終わってから・・・。満を持して登場したIXYD800isです!
では、カタログ持ってない方はパパっと特徴をチェックしてみましょう↓
メーカーホームページ

まず、初搭載のてぶれ補正ですが。
たぶんしっかり効いてる気がします○
たぶん、というのも。てぶれ補正の効き具合はどのくらいか~?と言われても、
一応わざとぶれるように手を動かしながら撮ってみたりするわけですが、他の機種を試した時と同じ揺れ具合を再現できるわけじゃないので、なかなか比べにくいのですよ…
でも、一番ぶれ易いズーム側でもほとんどぶれない感じなので良い感触です。

操作性は『並』です。
マクロや、フラッシュなどを切り替えた時に大きくピヨーンとアイコンが飛び出てくるのはわかり易いですし。
メニュー画面も、設定項目が豊富な割にはよくまとまっていますが。
気になるのは、直前に撮った写真をワンタッチでプレビューできるボタンが無いこと。つまりいちいちダイヤルを回して再生モードにしないといけないんですね。
まあ、ダイヤルの位置がちょうど親指のところですし、すぐに回せますから我慢できる程度の不便さかな。

しかーし、ちょっと押しにくくなったのが十時キーの左側!
ディスプレイ部分が若干盛り上がっているのにジャマされて左を押そうと思うと親指の腹ではなかなか反応しない!指を立てて押さないといけないので、頻繁に十時キーを使う再生モードなどではちょっとイライラしてしまいます。

ズームやフォーカスの早さは優秀です、ズームはスムーズに反応しますし、思ったとこでピタリと止めやすい。フォーカスは激速というわけではないですが、かなり速い方で。激速タイプのカメラがたまにピントを外すことを考えれば、この精度でこの速さは文句なしですね。
特に、バランスの良い仕上がりのライバル機LUMIX FX01がフォーカスの速度では微妙にもたつくだけに、こういった基本性能でCANONの強みを感じます。

画質に関しては、はっきり言ってCANONが他のメーカーに負けるような部分はほとんどないです。
1/2.5インチという一般的なセンサーサイズの600万画素なのに、レンズがいいのか画像処理がいいのか、他のコンパクトデジカメよりもかなり表現力は高いと思います。
特に高感度モードの画質はLUMIX FX01のそれよりも明らかにいいですね。
フジの高感度が、高感度を感じさせない様に工夫しているのと比べると、CANONは「高感度とはこんなものだ!」って感じの開き直りタイプですかね。

IXY700と比べてセンサーサイズが小さくなったことに不満を感じる方もいるかもしれませんが、そのおかげで
コンパクトになったのに4倍ズームを搭載できた。
マクロが2cmまで近づける。
というメリットの方が大きいのではないかと思います。
センサーが小さくなったから画質を落とすようなCANONではないと信じてあげていいんじゃないでしょうか。まあ少しはしょうがない。

他のメーカー並みの2.5インチ液晶を搭載しながら光学ファインダーが付いてるのもいざという時には助かります。


あと、以外に楽しいのが『スイッチマイカラー』ってやつですよ!
デジカメの楽しいところは、フィルムを変えなくても、セピアのモードを選んだりカラーでも色んな風合いの写真設定に変えることができるのがいい。

フジのカメラなんかにもモノクロームで撮れるモードがあって、かな~りカッコよく写るので評判はいいのですが、できれば普通の写真も撮っておきたいもの。そんな時はしょっちゅうカラー設定をモノクロームにしたりカラーに戻したり忙しい。

ところが、このカメラなら普通に撮った後で、こういった効果をかけれることができるんです!
フォトショップのようなソフトを使えばできることではありますが、「やろうと思えば出来る」のは、フォトショップを持っていても一度もやったことない…。
カメラ単体で「やろうと思ったときにすぐできる」のがステキです。

ですから、いつも普通に撮影しておいて。
『この写真は決まってるからカッコいいカラー効果を付け足そう』とか。
『思い出っぽい写真が撮れたから、セピアにして印刷しよう』なんてことが気楽に出来るのが楽しい!
いやコレはやって見ればわかる!ほんと楽しい。
印刷して友達にあげても「すごい!カッコいー」と必ず言われます!

CANONの弱点だったバッテリーの持ちは、前モデルからほぼ100枚アップの240枚になり、ひとまず合格点です。

丈夫さや、画質、使いやすさなど全ての面においてバランスよく完成されたIXYD800は、これから他のメーカーのカメラ作りの試金石になるでしょう。

さ~て、気になるお値段は~
意外と予想を裏切られました。IXY700の時になかなか下がらなかったので4万円台後半になると思っていましたが、いきなり店舗でも41800円くらいが付いてたりしますね。
これも、1/2.5インチ600万画素という量産タイプに戻した効果でしょうか。
他のメーカーの売れ筋よりは若干高いですが、価格差以上の価値がある商品だと思います。


楽天の価格はこちら





人気blogランキングへ


a_02.gif


スポンサーサイト

コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dendendon.blog54.fc2.com/tb.php/31-ed70e22a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| ホーム |

プロフィール

カメモ

Author:カメモ
お店では言えない本音で商品のイイとこ悪いところ書いてます。
機械が苦手な人や女性にも読んでもらいたいレビューです。
たまにデジカメ以外もあるかも。

カテゴリー

最近の記事

ブログランキング

↓気に入ってもらえたらプチっと押してください

人気blogランキングへ a_02.gif

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター



上海問屋の変なSDカード。変な割にはちゃっかり高速タイプ↓

得体は知れないですが、テレビ付きサンバイザーとか売ってます。謎の商品多し↓



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。