電器屋さんの裏口~デジカメレビュー~

店では教えられない、商品のイイとこワルイとこ。

スポンサーサイト

--/--/--(--) スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮設 IXY800is

2006/04/20(木) デジカメ トラックバック:0 コメント:2


ちょっと忙しくてしばらくほってますが。

とりあえずIXY800isがついに登場したので、簡易報告!

パパッといじってみた感じでは、今シーズン一番のオススメかな(><

ほぼ期待どおり、カタログを読んで創造していたものとほとんど同じものが製品になってる印象です。
たいがいカタログってのは実物よりよく見えるものですが、むしろ実物の方が好印象かも。

自信を持って「いいですよ」って薦められるカメラですね。

カメラとしての総合力ではIXY800is

画質よりも絵としての面白さやズームの使い勝手で選べばリコーR4

身近に持ち歩くツールとして考えればオリンパスm720sw

てとこでしょうか。

かなり書けることが多そうなので、詳細な使い勝手はまた後日追加します。

ありえないぎこちなさ・・・ PENTAX OptioA10 

2006/04/05(水) デジカメ トラックバック:0 コメント:1
kamemomini.gif



ホント・・・。久しぶりにギョッとするようなカメラです。

なんでしょうこの完成度の低さは。

とにかく撮影中、画面の動きがカクカクで初期のカメラ付き携帯以下のぎこちなさ。

ズームもやたら反応が鈍くて、画面はズームしてないから押し続けていると、止めたい倍率を通り過ぎているような状態。

シャッターを押したら、これまたいつシャッターが切れたのかわからないような鈍い反応、いつまでジッとしていたらいいのかわからない。

ほんの2,3枚撮っただけでぐったり疲れてしまうようなストレスを感じました。
私が使い方を間違えたのかと、何回もメニューを開いて確認してしまいました


コメントをいただいたので、あまり悪く言いすぎたかと考えてます。
しかし、PENTAXといえばデジカメになる前はもっとクールなブランドだったんじゃないですか?このレベルの商品を市場に流すということはPENTAXのコンパクトデジカメに対するアプローチが迷走しているんじゃないかと心配してしまいます。

istD系の一眼レフに関しては、並み居るライバルメーカーを凌ぐ使い易さと、手になじむデザインでPENTAXらしい完成度なだけに、コンパクトが足を引っ張ってミノルタのようになるのではないかと。

せっかくレンズ供給などでCASIOとつながりがあるのなら、もっとお互いの得意分野を利用し合えばよいのに、とかいろんなことを思いますね。



人気blogランキングへ

画素数は高いほどいい?

2006/04/04(火) デジカメ トラックバック:0 コメント:0
今回はちょっと基本に帰って
『そもそもお店にあるスペック表の見方がわからない』
という方のために簡単に基本的な説明を。

デジカメを買いに来るお客さんをみていると
「画素数が高いほうがいいんでしょー」
ということだけはなんとなくわかっているみたい。

では、画素数とはなんなのか、本当に『画素数=キレイ』なのでしょうか。

デジカメはフィルムの代わりに、細かいセンサーの集合体を使って映像を読み取っているのですが、そのセンサーの一粒一粒を“画素”と呼んでいて、それぞれの“画素”が得た明るさや色の情報をあわせると一枚の絵になる仕組み。
ということは、画素数が高いと情報量が多くて写真の細かさはアップするわけです。

ところが、ここにもう一つの要素がかかわってきます。それはセンサー自体の大きさ(面積)です。

薄型のデジカメだと、レンズの性能やコストの都合で画素数が上がってもセンサーの大きさ自体はあまり大きくできないことがほとんど。
500万画素と600万画素のセンサーが同じ大きさだとしたら、500万で分けていた面積を600万に分けるわけですから、一個の画素自体の面積は600万で分けたときの方が狭くなりますよね。

ちょっと“画素”の気持ちになって考えてみると、
自分の土地は狭くなって、入ってくる光の量も減ったのに今までと同じ仕事をしようと思ったら、ちょっと無理して頑張らないといけない(感度を上げる)ので。
たまには疲れが出て、ピンクの光が入ってきたのに「ミドリ!」なんて報告してしまったりするわけです
(高感度式のてぶれ補正で画質が汚くなるのも同じような理由で、写せないくらい暗いのに無理やり目をこらして報告しろって言われた“画素”さんが、時々ウソの色を言っちゃったりするので汚くなると・・・。)

ということは、センサーのサイズと性能が一緒なら画素数は少ないほうが綺麗な画質になる!
あれ?さっきと言ってる事が逆に聞こえます。

つまりこうです↓

画素数UP→⇒↑写真がきめ細かくなる but ↓画質は汚くなる

もちろん、センサーの性能は日進月歩ですから、メーカーさんも画素数を上げても画質が落ちない程度には頑張っていますが。自分にとって必要な画素数(例えば、L版プリントがほとんどなら500万画素程度)があれば、無理して画素数が上がっただけの新商品を買う必要はないということですね。

たまに、大きいセンサーを使った機種があって、そういった機種はやはり画質が良いことが多いのでセンサーのサイズは是非チェックしてみてください。

お店の性能表に ちっちゃく『CCDサイズ』という項目があるのでココをチェックです。
今まで紹介した中では、IXY700フジF11が大型センサーを使っています。

ちなみにセンサーの大きさは分数で表されていますから
1/2.5インチ と 1/1.8インチ だったら 1/1.8インチの方が大きいセンサーということなので気をつけてくださいね○



人気blogランキングへ


a_02.gif


コピー付き複合機はどれがオススメ?

2006/03/30(木) プリンター トラックバック:1 コメント:0
デジカメ買ったら、次はプリンターが欲しくなる?んじゃないですか。
今日はちょっとわき道にそれてプリンターのお話です。
てか、実際のところ紹介したいカメラがなくなってきた~(><)なんか希望あります?いったいこんなレビューで役に立っているのでしょうか。

さぁ、プリンター売り場に行ってみると、まず迷うのがEPSONにしようかCANONにしようか、うわっ安っbrothor!って感じで、どのメーカーがいいのかわからない。

まずbrothorは、やはりプリンタメーカーとしては二流な感は否めないです。お店であれば商品の横にプリントサンプルがあると思うのでチェックしてみてください。インクのツブツブが見えるレベルで、大手メーカーの4年ほど前の印刷品質です。
難しいのはCANONかEPSONか、これはいつも抜きつ抜かれつなんですが、3つのポイントで見てみましょう。

まず画質で選ぶなら、
今オススメなのはCANONです。
EPSONもCANONも粒状感はほぼ同じくらいに抑えられていますが、実際に画素数の高い写真を印刷してみるとCANONの方が小さな葉っぱや岩肌のゴツゴツ感まで細かく描ききることができ、スペック表どうりの解像度の高さを見せつけられます。

デジカメのメモリーカードを差し込んでダイレクトプリントする場合、EPSONの顔認識補正などはイイ感じに補正してくれますが、何人かに観てもらったところ好みが分かれるようで、色合いの好みはCANON7:EPSON3くらいでした。
CANONの方がクッキリとした濃い色合いで、EPSONは明るめな印象です(色が薄いわけではない)

次に印刷速度でいうと、
これはやっぱりCANONが早い。
カタログを見ると、ほぼ同じ速度に見えるのですが、カタログの計測方法は「用紙を吸い込んだ時点から、印刷完了まで」の時間なのでEPSONは用紙を吸い込むまでが遅いんですよね。カタログの表記はちょっとインチキくさいです。 

けっこう重要なポイントが、その他の便利機能で、
EPSONが一番得意とするとこです。
例えば『手書き合成シート』
これは、デジカメで撮った写真などにプリクラの落書き機能のように手書き文字やイラストを合成できる機能で、パソコンを使わずにプリンタ本体だけで簡単にできるのがミソです!
今まで、手書きの文字を入れるのはパソコンを使っても上級者レベルでないと難しい作業だったのでとても画期的な機能です。
なおかつ、写真屋さんで作ってもらう「結婚しました」のような、上半分が写真で下にメッセージがあるようなレイアウトも選べるので、年賀状づくりが楽しくなること間違いなし!
 ところが、CANONはみごとにこの機能をパクりました・・・。
MP950のみですが『手書き合成ナビ』という機能がついてます。ただ、使い勝手はEPSONの方がいいですね。CANONもEPSONに悪いと思ったのか、あまりPRしていません。

さらにEPSONが始めた楽しい機能として、TUTAYAなんかで借りてきたCDのレーベルをボタン一つでCD-Rにコピーできる機能があります。
スキャナに元CDをポンッと置いて、プリンタ対応のCD-Rを下に突っ込むだけ!
CDのコピーをよく作る人には最高に便利~。
 ところが!CANONはまたこの機能もパクりました・・・。
MP950とMP800には同じ機能がついてますね・・・。EPSONさん特許とらなかったのかな~。

CANONにも画期的なシステムが一つあります!
それは本体下部に用紙のトレーがついたこと。普通紙なら本体下のトレーに入れっぱなしにできて、ボタン一つで今までと同じ後ろからの給紙に切りかえれるんです。
ですから写真を印刷したい時も今までのように用紙を抜きかえる必要がない!
ボタンひとつポンッで普通紙と写真用紙切り替えです!

さて、複合機を買う時の予算ですが写真を印刷するつもりで複合機を買うなら、
最低でもこの機種↓以上で考えてください。
楽天の最低価格はこちらこのMP500がケチってよい最低ラインで、これ以上安物を買うと「安物買いの銭失い」になります!
なぜなら、カラーインクが3色一体型でランニングコストが高かったり、CD-Rのラベル印刷ができなかったり、果てはカラーモニターがないのでデジカメ印刷時に一旦インデックスプリントを出さないといけなかったり。安物には話せば尽きぬほどの不便があるのです(+o+)

MP500を最低ラインにした理由は、これだけの低価格でありながら印刷品質に関してはCANONの上位機種にあたるMP800やMP950と同じ基本設計を持っているから。
印刷の品質だけで言えば1万円ほど高い↓MP800と全く一緒というのが嬉しい!
楽天の最低価格はこちら
予算に余裕があるならMP500からMP800にランクアップするのも無駄な投資ではないと思います、CDレーベルのワンタッチコピー機能や、ネガフィルムの取り込みができ、印刷速度も速いので一番バランスのよい機種です。

逆に、さらにもう1万円高い↓MP950になるとインクが4色から6色になるのですが、比べてみても「あ~、う~ん。コッチがいいかな?」くらいの違いしかないんですよ実際。


ぶっちゃけ↑MP950は、6色インクが原因で印刷速度がMP800より遅かったり、インクコストも高くつくって知ってました?
もちろん、エプソンの『手書き合成シート』をパクった『手書き合成ナビ』がついてるのはメリットですが、この1万円アップはちょっと価格に見合わない投資かも、
高画質なスキャナが必要なら買ってもいいでしょう。

EPSONで選ぶなら、一番オススメは↓PMA890です。
楽天の最低価格はこちら
EPSONお得意の『手書き合成シート』や『CDダイレクトコピー』を堪能できて、上位機種のPMA950と同じ印刷品質を得られるお買い得機です。
と同時に、買ってもいい最低ランクも↑この機種なんですよ。

なぜなら、EPSONで一つランクを下げた↓PMA750を買うくらいなら

CANONのMP500を買った方がいい!ほんとに

4万円クラスの画質が手に入るMP500と
PMA890より画質が劣る上に、CD-Rの印刷すらできないPMA750じゃどちらが欲しいですかー

というわけで。

オススメの機種を並べると

1.canon MP800 2.EPSON PMA890  3.canon MP500


こんな感じになりますが、見事に価格もこの順番に高くなりますねf^^;

おまけですが、CANONのカードスロットにはXDカード(フジやオリンパスのカード)が直接挿せないのでXDのカメラを持っている人は注意です。


人気blogランキングへ


a_02.gif




買い時! LUMIX FX9

2006/03/29(水) デジカメ トラックバック:0 コメント:0
kamemomini.gif

FX01を先に紹介しておいて順序が変ですがFX01のおかげでかなりお買い得になってきたので、今さらながらFX9について。

あまりデジカメ売り場をウロウロしない人のために言っておくとFX01とFX9じゃ01の方が古そうな型番ですが、01が最新モデルです。
FX9について詳しく知りたい人は、まずITmadiaのレビューをチェックしてみてください。

FX9からFX01で一番の違いは

『広角28mmからの3.8倍ズーム』

広角28mmがどういうものかは、電車のつり広告なんかでayuがアピールしてるのでわかると思いますが、見た目に近い広々とした風景が撮れたり、上手い人が撮れば遠近感のあるカッコいい写真が撮れるんですよね。

けれど、一般の人が“思い出カメラ”として使うには広角のカメラが良いとは言えない部分もあるんです。

例えば、
↓Aさんが、近くにいるBCDさんをFX9で撮ろうとしたら、近すぎてBCさんまでしか写らない。なおかつ後ろにも下がれない、という場面では、広角28mmのFX10の方が有利ですが・・・。

A  BCD    EFG

↑Aさんが、遠くのEFGさんをちょっとズームで撮ろうとした時は。
FX9の方が綺麗に写る!んです。

ちょっと難しい話なのでわからなかったら飛ばしてくださいね。
カメラのレンズは普通ズームするほど暗くなる傾向があるのですが、それぞれの明るさを見てみると(Fの後の数字が小さいほど明かるい)
FX9のレンズの明るさはF2.8(ワイド端35mmの時)~F5.0(テレ端105mmの時)

FX01の場合は     F2.8(ワイド端28mmの時)~F5.6(テレ端102mmの時)

つまり、広角以外の写真を撮るときは、常にFX01よりFX9の方がレンズが明るい!
ということになるんです。
じゃあ、FX01はレンズが暗い分CCD(光を受け取るセンサー)が性能がいいんじゃないか、と思いたいところですがっ あんま変わらないです・・。

なので、確実にFX01の方が優れている、と言えるのは『高感度モード』がついたことと、メニューの決定動作が右ボタンから中央のボタンになって他のカメラと違和感なくなったこと(メニューを開いていじくってもらえばわかります)くらいなんですね~。

ですから、自分が普段ズームをよく使うのか、ズームせずに撮ることが多いのかを考えて、ズーム派ならFX9はかなりお買い得です。


(LUMIX共通で何人かのユーザーさんから「フラッシュ撮影時や特定のシチュエーションで青味が強くでるのがいやだ」という話を聞いています。確かに若干青っぽく写る時があります。メニューの最後の方に色の設定があるので『ウォーム』に設定してもらえばフジ風のあったかい感じの色合いになるので試してみてください。)

LUMIXは仕入れコストが高くて、なかなか値段を下げきれない機種ですから、新機種が出ない限りはだいたい36,800円あたりで値段が動かなくなります。
最終的にネットでは¥28,800くらいまで下がると思いますが、店舗で¥28,800は2世代型遅れで展示処分か色が選べない状態になるので狙っていた方はそろそろ買っていい時期ですね○

LUMIX FX01のレビューも参考にしてください。



LUMIXの動画は綺麗なんで512MBで動画も楽しめたらいいですね。


人気blogランキングへ

≪前のページ | ホーム | 次のページ≫

プロフィール

カメモ

Author:カメモ
お店では言えない本音で商品のイイとこ悪いところ書いてます。
機械が苦手な人や女性にも読んでもらいたいレビューです。
たまにデジカメ以外もあるかも。

カテゴリー

最近の記事

ブログランキング

↓気に入ってもらえたらプチっと押してください

人気blogランキングへ a_02.gif

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター



上海問屋の変なSDカード。変な割にはちゃっかり高速タイプ↓

得体は知れないですが、テレビ付きサンバイザーとか売ってます。謎の商品多し↓



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。